キヨーレオピンは全部で7種類!自分に効果のあるものを見つけよう!

キヨーレオピンは全部で7種類!自分に効果のあるものを見つけよう!

一概にキヨーレオピンと言っても、実は7種類もあって、
それぞれ成分が異なります。

 

また、飲み方も液体を付属のカプセルに入れて服用するタイプと
錠剤の2種類があります。

 

なので、自分に合ったキヨーレオピンを見つけることが大切です。

 

下記が成分一覧表です。

 


 
(引用元:http://www.kyoleopin.jp/lineup/index.html)

 

ざっくりですが、それぞれの違いはこんな感じ。

 

まずはキヨーレオピンwがベースになります。

 

 キヨーレオピンネオ(ビタミンB6、ニコチン酸アミド、パンテノールを配合)

 

 レオピンファイブw(ニンニク増量、ニンジンエキス、ゴオウチンキを配合)

 

 レオピンファイブネオ(ファイブにシベットチンキ、ニコチン酸アミドを追加)

 

 レオピンロイヤル(ロクジョウ流エキス、トシシエキス、イカリソウエキスなどを配合)

 

ベースのキヨーレオピンwに追加成分がいろいろと加わっていきます。
ストレス対策の効果や漢方が増えている感じです。

 

基本的に後に行くほど、パワーアップしていくイメージです

 

なお、錠剤シリーズのキャプレットは、キヨーレオピン特有の
ニンニクの臭いが抑えられて飲みやすくなっています。

 

どのキヨーレオピンが自分にベストかは試してみる必要があります。

 

もちろんレオピンロイヤルが一番効果的かもしれませんが、
価格面も考慮して、自分にあった、十分な量の成分のものがいいでしょう。